ラジコン関連


by tono1012
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2005年 05月 22日 ( 1 )

YOKOMO Cup

晴天に恵まれ無事に21日に運動会を終えることが出来たので、今日はめでたくヨコモカップに出場することが出来ました。
いつのもレースと違って7:00AM開門なので、少しだけゆっくりできました。谷田部アリーナに到着すると、ピットはガラガラ、、、話を聞いてみるとエントリー数が少な目らしいです。おかげでピットスペースもふんだんにあり、りなや嫁さんの荷物も置き放題でした。

ピットは、友人の富田さんと一緒になることができ、一日中ベラベラしゃべりながら過ごしちゃいました。

レースは、コントロールプラクティス、予選3回、全員決勝で行われました。
エキスパートクラスは22人エントリーでした。(30人近くいたんだけど、何人かはアリーナに来ませんでした、、)
そしてビギナークラスは29人、シニアは15人のエントリーでした。

コントロールプラクティス
VFS のプログラムを変更してみたら、おおはずれでベストは21秒フラットです。一緒に変更した富田さんもストレートで各車に追いつかれると言うぼろぼろぶりでした。
車としては、路面グリップが上がっていたので、ボディは Rayspeed アコードでウイングをごくらく3.0に変更、スタビは前後シルバーでその他は前の練習のままです。グリップ剤は、直人パパのアドバイスどおりに下地無しで FX-2 のみ使いました。27T モーターを使う場合、下地を塗ってしまうとオーバーグリップになり抵抗にしかならないそうです。

予選1ラウンド
KO の人が作った 27T 向け VFS プログラムを大澤さんからいただき試したところ、ストレートの伸びがよくなりペースが上がりました。なんとベストは0,8秒弱縮まって 20秒284 にアップしました。
しかしエキスパートの皆さんは、19秒台ばかりなので、順位は22位です。トップ10は、18秒台に飛び込んでます。

予選2ラウンド
直人パパにライン取りを教えてもらって、そのとおりに走ったら19秒538 にベストラップが伸びてきました。今までは 23T ストックと同じようなラインで走っていたんだけど、もっと寄せて走るようにというアドバイスに従ったら0.7秒も縮まりました。
車のセットはあまり変更せず、ウイングのみ 3mm ほどカットして薄くしてみました。
順位も21位にあがりました。これでビリ脱却か??と思ったのですが、、、

予選3ラウンド
もう少しラインをつめて走り 19秒3 を目標に行ったのですが、他車と絡んだりパイロンに乗ったりで実現できず、、、そして22人中22位で予選終了。前回のヨコモカップの結果と違って、今回は目標の19秒台に入ったことと、このタイムだとビギナーの A メインに残れるタイムなので、自分的には納得の結果でした。ひとまず 19秒台に入れたので、これからもエキスパートクラスでやっていけるかな?なんて思い込んでます。本当はあと 0.3 秒ぐらい縮めないといけなんだけどね。

決勝
2人走行というさびしいメインです。1周目に自分がパイロンジャンプをして出遅れてしまい、「これで終わり」と思ったところ、一緒に走っていた人がマシントラブルに遭ってしまいピットストップしちゃいました。そのおかげで"いちおう"トップゴールという結果でした。ベストラップは1秒ぐらい差があるので、ちゃんと走っていたら周回遅れになるぐらいの差があります。まぁ結果は結果ってことで、、、ビリ脱却です。

もう 0.3秒ぐらい縮めたいんだけど、直人パパ曰く「タイヤ1個分ずつラインをつめて走ればいける」とのこと、、、
これまた難しいことを言いますが、これを克服しないとビリから本当に脱却は出来ません。さぁ8月の YOKOMO Cup はどうなるかな???出張に行ってなければエントリーなんですけどね。
[PR]
by tono1012 | 2005-05-22 22:41 | パパレース